「しらす漁船」のこだわり!

沼津港の牡蠣センター「カキ小屋」「しらす漁船」は・・・

静岡県沼津市の沼津インター降りてすぐの万葉の湯 沼津店内にあるしらす専門店 「しらす漁船」です。沼津港・清水港・田子浦・由比港直送の新鮮な「生しらす」は絶品!新鮮!朝獲れ!朝水揚げされた「生しらす」が食べられるお店です。 宴会コースは少人数様でも楽しめる絶品の数々です。
話題の「生しらす」・「沖漬けしらす」・「釜揚しらす」・「由比産生桜エビ」等の旬の海鮮料理を扱っております。ぜひご賞味ください!スタッフ一同ご来店お待ちしております。

湘南しらすの小田原3色丼

 

駿河湾・相模湾の恵みをご堪能あれ!

【駿河湾 生しらす】

 日本有数の「しらす」の水揚げ地として知られていて、毎年多くの方がしらすを味わうために来湘します。「しらす」の魅力といえば、体長数センチの大きさとは思えないほどに存在感のある旨味です。相性が抜群に良いご飯の上にのせるだけで、おいしく小腹を満たせる料理になることから、常に食卓にあるご家庭も多いのでは?
 その際見られる「しらす」は、「釜揚げしらす」だと思いますが、「しらす」が水揚げされる地域では、炊く前の「生しらす」が味わえます。「生しらす」は、「釜揚げしらす」は全く違い、するっとした喉越しと、ぷちっとした食感、そしてはじけるように広がる旨味は、ジューシーで一度味わったらクセになる味わいです。

 

【沖漬けしらす】

 駿河湾の海の恵み「生しらす」の保存性を高めた「釜揚げ」や「天日干し」は海から遠く離れた地域でもお目にかかれるが、足が早くて傷みやすい「生しらす」は水揚げ地ならではの食べ方です。
 さらにその「生しらす」を漁師さんならではの調理法で楽しめます!その名を「沖漬けしらす」。「特製ダレ」は醤油、みりん、酒を煮切って作ったもの。それを船に持ち込み、獲れたての「しらす」を漬け込む。海から引き揚げたままのものを漬け込むことで、余計な雑菌が付かず、身の中まで味がしみ込んでいきます。「生しらす」の“プリッと感”を残しながら、醤油ベースの特製ダレがまろやかな味をかもし出します。日が経って発酵が進んでいくと、塩辛のようにとろっと濃厚になり、漬け始めとは異なる旨味が堪能できるのも2度美味しい。
 「しらす漁船」特製のタレに、じっくり漬け込んだ「生しらす」。タレの旨味をふんだんに吸い込んだ「しらす」は、ご飯に合うこと間違いなし!他店では味わえない絶品の一品。

 

【釜揚げしらす】

 釜揚げしらすはふっくら、つやつや、ぷりっぷりが自慢! どうしてこんなに釜揚げしらすがふっくらぷりっぷりに茹で上がるのかというと、その秘密は温度。釜揚げしらすを美味しくする秘密は、一にも二にも「高温でたくさんのしらすを一気に茹でる」ということが一番大事。 本当に美味しい釜揚げしらすを作るために重要なのは、先ずしらすの鮮度。次に重要なのは茹でる時間と温度です。生のしらすを大量の熱湯の中で躍らせるようにゆであげないと美味しい釜揚げしらすは出来ません。冷たいしらすを釜に入れた瞬間に温度が下がると、あっというまに生臭く美味しくないものが出来上がってしまうのです。

 

駿河湾の桜エビ

【駿河湾 由比漁港 直送!桜エビ】

 日本で唯一の漁場が駿河湾由比漁港。富士山をバックに桜色のじゅうたんの様に干された桜エビが静岡の風物詩にもなっております。日没から夜中にかけて行われる桜エビ漁。なかなか手に入らない鮮度バツグンのプリップリの桜エビをお届けします。駿河湾の赤い宝石「桜エビ」を思う存分ご堪能ください。

 

【漁師と提携している漁港直送だからできるラインナップ】

朝どれ新鮮な旬の食材を提供します!仕入れに自信があり、漁港直送だから、「鮮度抜群」。漁港直送だから、「即時提供」。漁港直送だから、「旨味満載」。